1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル 岡田玲子(れい子)の経歴と噂 効果があるのか検証

Pocket

1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル 岡田玲子(れい子)の経歴と噂 効果があるのか検証

→詳細はこちら

岡田玲子(れい子)さんが出した1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアルが、
2ch(2ちゃんねる)で、いろいろ評価されているよね。

毎朝、なんとか起きようとしても、体が動かない、目が重くて仕方がない、
全く何もする気が起きない、会社に行くこともできない。
ともかく何もする気が起きない。
お腹は空くが買い物にも行けない。
簡単なこともとにかく億劫。
体が全く動かせない、起き上がれない、寝てもすっきりせず気持ちが落ち込むばかり
夜は、頭と体は眠いのに意味もなく目が冴えてついつい睡眠導入剤を飲んでしまう。
親からは
「出掛けて気分転換したら?」
と言われ、それすらできないことが理解してもらえないので絶望的になる。
時に無性に買い物をしたくなりットなどでバカ買いしてしまう。
購入金額を見ると後でびっくりする。
普段のすごく些細なことが気になりいてもたってもいられなくなる。
集中することができない。
私の性格が無能で何もできないと常に悲観的な見方をしてしまい、
まだ起きてもいない未来を心配してしまう。
薬で眠らされている感が強くてどんな体勢で寝てもしっくりこない。
肩こりや首が張ってどうしようもない。
何もする気がないし、興味も薄れている。友達と話したり、会ったりすることもできない。
今までより少しのことが凄く気になり他人にイラついてしまう。
感情を抑えられない。
などの、全ての悩みを解消することが可能です。って、言ってるけど、これは本当かなあ。

気になるんだよね。

最初に試した時の印象は
「本当にこんな簡単な方法で?」
だったのですが、
でも実際一回やってみると今まで心の奥底にあった
「なんともはっきりしない感情」
がすうーっと軽くなっていました。
有意義な方法でもありました。
簡単なウォーキングやジョギング、辛くない程度の山登りやハイキング、
近所の公園でボケーっとお弁当を食べたり、大きいお風呂に浸かるために銭湯へ行ったり、
全てちょっとした気分転換のようなものですが気をとり直してパソコンに向かうことができる。
「あなたのうつ病はもう治りません」
と宣告されてからの1年は試行錯誤の手探りで色々な方法を試しましたが、
これと言った効き目はなく残念ながらどれも失敗に終わって行きました。
私は他にいろいろな方法をすでに試していたので見た瞬間
「これは凄い方法だ!」
と直感しました。
それと同時に
「うつ病患者に効果的」
とされる自然とのふれあいも少しづつやって行きました。
「どうせ治らないならできるだけやろう」
と思い、その後も情報の収集は続けました。
これは本当に偶然に見つけたのですが、かねてからアメリカの治療法に興味があった私は
ちょっとした手応えも感じてさっそく時間に合わせ録画もセットし待機しました。
現地のレポートと実際治した人(アメリカ人)の話、
その方法に対しての日本の精神科医のコメントなどの盛り沢山な番組内容でした。
その番組を見た直後にその方法をさっそく試してみたのです。
その軽くなった感触は今でもはっきり覚えています。
それに驚いたことにその
「1日10分だけ布団の上で簡単にできる うつ病改善マニュアル」
は小学生でもできる本当にとても簡単な方法で実際のやり方までも正確に放送されていました。
「あなたのうつ病はもう治りません」
と宣告されてから1年半くらい経ったある日、
新聞の番組表で「アメリカうつ病治療最前線」という特集の記事を見つけました。

効果ありそうな感じだなぁ。

試してみようかな。

→詳細はこちら