福辻式 高血圧 アスカ鍼灸治療院 福辻鋭記本当に効果あり? 購入者の体験談

Pocket

福辻式 高血圧 アスカ鍼灸治療院 福辻鋭記本当に効果あり? 購入者の体験談

→詳細はこちら

福辻式 高血圧のアスカ鍼灸治療院 福辻鋭記さんって、
ネットでは随分、評価が高いみたいだね。

今、非常によく使われているカルシウム拮抗薬やベータ遮断薬は、
元々は狭心症や心筋梗塞などの予防と治療の目的で使われていたものである。

なぜ高血圧がおこるのかの仕組みが十分明かされていないことにも関連しているし、
血圧を上げる仕組みが単純でないことにもよるであろう。

血圧が下がることがわかってきて、降圧薬として役に立つということになり、
全世界で使われるようになった。

実際、これらの降圧薬がどういう仕組みで血圧を下げるかという仕組みの詳細は、
いまだにわからないことがいくつもある。

約90%の高血圧症はまだ原因不明なのです。

本態性高血圧は現在の進んだ医学をもってしても発症の原因が特定できない高血圧症です。

二次性高血圧は発症原因がはっきりしている高血圧で、
病気や薬の副作用によって起きる高血圧症です。

高血圧の症状の殆どは現代の医学をもってしても
「原因不明」であるという事実をご存じでしょうか。

(国立循環器病センター名誉総長医学博士尾前照雄著「血圧の話し」より引用)
(東京女子医大東医療センター内科勤務早稲田大学客員教授渡辺尚彦著
「血圧をグングン下げる200%の基本ワザ」より引用

病院で処方される、いわゆる「血圧降下剤」「降圧剤」ですが、
なんとそれについても何故、
降圧剤が血圧を下げるのかわかっていないというのです。

高血圧症と診断された人のうち、
本態性高血圧と二次性高血圧の比率は9対1。

福辻式 高血圧の怪しい噂とかないのかな。

東京大学大学院医学系研究科・東京大学医学部附属病院の
藤田敏郎教授らのグループによる
研究成果で高血圧発症の仕組みを解明するものとして、
2011年4月に発表されました。

では仮に、塩分は関係ないとして食事が何かしらの高血圧の原因になっていると考えても、
おかしな矛盾点があります。

それによると4割の人が、塩分で血圧が上がり、
残りの6割の人は塩分で血圧が上がらない、
つまり半分以上の方は、
塩分を減らしても血圧が下がらないということなのです。

って言うから、試してみようかなあ。

これなら私にもできそうな気がする。

→詳細はこちら